医療脱毛と光脱毛、費用で見るとどちらがおすすめ?

ムダ毛処理は女性の身だしなみとして定着しており、腕や脚、ワキなどのケアを行っている人も多いでしょう。自己処理には気軽にできるというメリットが挙げられますが、エステサロンやクリニックに通った方が効果が高くなりますし、綺麗な肌を手に入れられるということです。一口に脱毛といってもいろいろありますし、光脱毛と医療脱毛の違いについて知っておくと良いでしょう。ムダ毛はカミソリや毛抜きなどで自己処理をすることもできます。しかし、自己処理を繰り返すと肌への負担が大きくなってしまいますし、ダメージが大きくなることで黒ずみが起こってしまうこともあるのです。また、毛抜きで無理に引き抜くと毛穴にも負担がかかりますし、カミソリを使うと皮膚の表面まで削ってしまうということです。また、自己処理では毛周期を考えずにケアを行うため、効果が実感しにくいというデメリットもあります。自己処理は簡単で費用も抑えることができますが、肌へのダメージや仕上がりの美しさを考えるならプロに任せた方が良いでしょう。毛周期とは毛が生え変わるサイクルのことであり、エステサロンやクリニックではこの毛周期に合わせて脱毛を行っているのです。毛周期の中の成長期とは毛がどんどん成長する時期であり、毛乳頭が毛細血管から栄養分を取り込むことで毛が伸びていくということです。退行期は細胞分裂が止まる時期であり、毛はそれ以上成長しなくなります。休止期になると毛の寿命が終わり、自然と抜け落ちていくことになります。脱毛は成長期に行うことがポイントであり、それによって高い効果を実感できるでしょう。医療脱毛と光脱毛はなにが違うのかということですが、最も大きな違いは照射する光の波長の種類であり、光脱毛では複数の波長を含んだ光を広範囲に照射することになるため、費用が安く短時間で施術が完了するというメリットが挙げられます。医療脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射するという施術であり、照射の威力が高いので永久脱毛が可能とされています。脱毛では黒い毛に対してはしっかり反応するのですが、産毛や細い毛の場合は反応しにくいため、完了までに時間がかかってしまうこともあります。エステサロンやクリニックで施術を受ける場合、まずは無料カウンセリングを受けて内容に納得してから契約をすると良いでしょう。最近では産毛に対しても効果的なマシンを使っているエステサロンやクリニックなども登場しているため、チェックしてみると良いかもしれません。どちらの脱毛方法も皮膚表面に特殊な光を当てることでムダ毛を処理していくことになります。日焼けしているとムダ毛以外の部分にも光やレーザーが反応しやすくなりますし、火傷のリスクが高まってしまうということです。そのため日焼けしている場合は脱毛自体を受けられないこともあるので注意しましょう。