VIOに色素沈着があっても脱毛は受けられる?

カミソリや毛抜きを使えば簡単にムダ毛を処理することができますが、続けることで肌トラブルのリスクも高まります。肌荒れを繰り返せば黒ずみや色素沈着なども進行してしまいますし、エステサロンやクリニックなどで脱毛を受けて綺麗な肌を手に入れた方が良いでしょう。色素沈着をしているけれど脱毛を受けられるのか気になっている人もいるかもしれません。ちなみに、クリニックで行われているレーザー脱毛では細い光をムダ毛の部分にピンポイントで当てることができます。メラニン色素が濃い毛根を狙ってレーザーを照射することができますし、それによって毛根を破壊することができるのです。メラニン色素はムダ毛だけでなくシミにも含まれているため、その部分にも多少反応することはあります。しかし、一般的なシミであればレーザーを当てても問題ないということです。

しかし、濃いシミがある場合は脱毛の効果は下がってしまいますし、やけどのリスクも高くなってしまうと知っておきましょう。そのため日焼けしてメラニン色素が増えている人や肌の色が濃い人などは施術を断られてしまうこともあります。高い脱毛効果を維持しながら火傷のリスクを減らしたいという場合、肌質に合わせてレーザーを使い分けているクリニックを選ぶと良いでしょう。濃いシミやホクロがあると火傷のリスクが高まってしまうため、シールなどを貼って保護してから施術を行うクリニックも多いです。

ちなみに、肌の黒ずみや濃いシミなどがある場合、出力を抑えて照射を行うこともありますが、出力を弱めることで効果が下がってしまいます。日焼けや黒ずみの程度は人によって異なりますし、レーザー脱毛を受けられるのかどうかはカウンセリングを受けて判断してもらうと良いでしょう。ちなみに、医療レーザーは美容皮膚科などでシミの除去にも使われていますし、レーザー脱毛を受けることでシミが薄くなるなどの効果を期待できることもあります。VIOやワキ、乳輪などは黒ずみが起こりやすい部分と言われており、専用のクリームなどでケアすると良いでしょう。下着が刺激になったり動作で肌が擦れることで黒ずみが起こってしまうのですが、VIOはデリケートな部分なので肌に優しいクリームを選ぶことがポイントです。色素沈着による黒ずみを予防したい場合、下着の選び方を知っておくのがおすすめです。

また、ムダ毛の自己処理を繰り返すと肌へのダメージがどんどん蓄積してしまうのでやめた方が良いでしょう。若いころは気にならないかもしれませんが、毛穴の開きや肌の乾燥などが起こってしまいますし、年齢を重ねるとシワも増えてしまいます。肌トラブルは自宅で治療することは難しいですし、どんどん肌トラブルが重なることで状態が悪化してしまうこともあります。